FC2ブログ
Dear my camera!
遊びに来てくださってありがとう!よかったら足跡残して行ってくださいネ♪
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祇王寺
祇王寺1


「五十年の夢とりどりの落葉かな」 智照尼

こじんまりした藁葺き屋根の素敵なお寺です。
が、紅葉の時期は人、人、人で、カメラをどう向けようか相当悩みました。
草庵の中にネスカフェ香味焙煎のCMで登場した丸窓(吉野窓)があります。

ところで今日、有楽町に行きました。
ちょっと行かないうちに大きく様変わりしてしまい、
一瞬どこだかわかりませんでした。
浦島太郎になったみたいでした。^^;

EOS 1N/EF28-70mm F2.8  ベルビア100F

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ ←サンキュ!risa

スポンサーサイト

テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
祇王寺は狭い庭にたくさんの木があるので、紅葉は中々撮り辛いですよね。逆に紅葉が終わった頃のコケの上にもみじの葉っぱが落ちているほうが祇王寺には合うような気がします。
2007/11/28(水) 23:45:42 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
,やっぱり紅が好き
まだこんなに紅色がきれいなところがあるんですねー そうそう わざわざ 笑子のへんぴはブログへようこそ (∩。∩)ゞテレテレ・・・

マスクには保湿効果もあるんですねーw( ̄o ̄)w オオー!  お互い風邪ひかないようにきをつけましょうねー
2007/11/29(木) 00:07:21 | URL | shoko #-[ 編集]
君平さんへ   
こんにちは。
私が行ったときには、もう木の上の方にはあまり葉が残って
いませんでした。苔なんてあったんですね。
もう人だらけだったので、早くここを出たい!と思ってしまって
きちんと見なかったので、気がつきませんでした。
今度違う時期にゆっくり行ってみたいです。
2007/11/29(木) 22:00:25 | URL | mikako #VVy0LmUk[ 編集]
shokoさんへ
コメントありがとうございます。
今日はまた一段と寒かったですね~。
厚手のコートが欲しいです。
風邪ひかないように、気をつけましょうね!
2007/11/29(木) 22:02:39 | URL | mikako #VVy0LmUk[ 編集]
瓦葺の屋根、風情がありますね。
紅い絨毯との相性もばっちり!!
とっても素敵ですね。

有楽町そんなに変わりましたか?
新しいスポットいろいろ出来ましたからね。
2007/11/29(木) 23:32:07 | URL | Rie #CfpSSrsQ[ 編集]
はじめまして
はじめまして、こんばんは。
履歴を見てやって参りました。

素敵な紅葉写真だったので、思わずコメントを書かせていただきました。
こんな場所に1度行ってみたいです。ホントに綺麗…

短文ではありますが、今回はこの辺りで失礼致します。
また、訪問させて頂きますvv
2007/11/30(金) 21:22:07 | URL | 季 紫苑 #-[ 編集]
Rieさんへ
こんばんは!コメント有難うございました。
そうなんです、すごく風情のあるお寺なんですよ~。
今度は人があまりいない時期に行ってみたいですね。

それはそうと有楽町の変貌ぶりはすごいですよ。
あの錆びれた味のある駅前の商店街がまるごとなくなり、
イトシアと丸井になっていました。
たぶん以前の8~10倍くらい人の流れが増えていました。
すっごい混んでるけど、機会があったら見るだけ見て
みてください。^^;
2007/11/30(金) 22:13:44 | URL | mikako #VVy0LmUk[ 編集]
季 紫苑 さんへ
はじめまして~!
訪問くださり、またコメントいただき、
有難うございました。m(_ _)m
素敵と言っていただけて、とても嬉しいです。
京都の紅葉はとてもきれいですよ♪
機会があればぜひ!
わたしもまた訪問させていただきますねっ!

2007/11/30(金) 22:17:06 | URL | mikako #VVy0LmUk[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007 Dear my camera! is allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。